2016年12月16日

文京区「楽しい健康教室」開催しました。

12月16日(金)10時から12時まで行いました。

気温がマイナス10度を下回るとても寒い朝でした。
早く来て暖房を入れてくださった方に感謝です。

事前の申し込み無しの開催だったので、何人来て下さるのかとても不安でした。
心配しているとポツポツと来てくださり、女性3人男性9人の合計12人。

映像を見ながらの楽しい運動。
童謡を歌いながらの楽しい口腔体操。
毎日続けるロコモ予防体操。
そのほか認知症予防など、心とからだのコリコリ解消メニューが盛りだくさん。
からだが温まり重ね着した洋服を一枚ずつ脱がれる方が続出。

途中、男性陣よりカラオケのリクエストがあり脱線もありましたが、
できないときは笑ってごまかし、終始和やかな90分でした。

次回は1月13日(金)です。
posted by 新十津川ボランティアセンター at 16:30| Comment(0) | 日記

2016年12月07日

老人クラブ連合会単位会長会議で地域づくりの説明

11月25日老人クラブ連合会の会議が開かれました。
その席で、生活支援コーディネーターが進めている地域づくりについて説明の機会をいただきました。

他の地域で行われている老人クラブによる地域活動について説明
例にあげた取り組みは
◎北海道池田町老連の取り組み
 「地域高齢者の仲間作り」
   ・町内会館等で開催している誰でもいけるサロン
   ・ 介護予防における通いの場
   ・老人クラブ連合会支えあいパートナー事業
   ・地域支えあい見守りタクシー
◎他市町村老連の取り組み
 「高齢者が取り組む地域支えあい活動」
   ・同世代が仲間を支える友愛訪問
   ・地域に健康づくり・介護予防の輪を広げる おしゃべりサロン 歩いて行ける介護予防教室
   ・認知症になっても暮らしていける町づくり  認知症サポーターの取り組み
   ・地域の安全・安心活動  地域見守りパトロール

そのあと、わが町で進めている健康教室(2地区)をチラシで紹介

意見交換では
   ・平均年齢が81歳を超えている 
   ・毎朝のラジオ体操を始めたら25〜30人が集まるようになった
   ・吹き矢を始める 
   ・麻雀、花札、カラオケと積極的に活動している
   ・老人クラブという名称を入会したくなる名前に変えたほうが良い
   ・地域コミュニティづくりに会館は絶対必要
   ・会館がなくなれば集まる場所がなくなる 
   ・送迎してくれる場所で例会を開くしかない
   ・送迎付きの温泉なら冬の暖房費がかからない
以上の意見が出されました。

活発なクラブや悩みを抱えるクラブなど、各クラブで事情は違いますが、
お聴きしたご意見を参考に、これからも地域づくりを進めていきたいと思います。

ありがとうございました。

    
posted by 新十津川ボランティアセンター at 14:30| Comment(0) | 日記

2016年12月06日

平成28年度介護予防サポーター初級養成講座が開催されました。

11月30日にゆめりあで養成講座を開催しました。
今年の1月から2月にかけて始めての養成講座が開催され、その後は初級サポーター養成を、菊水、文京、大和の3地区で開催。
今回は全町対象の初級養成講座で13名の方が受講してくださいました。
DSC01102.JPG
内容は
・高齢者の現状と介護予防について
・高齢者とのかかわり方の基本
・地域におけるボランティア活動

かけ足の講義のあと 「今、これから先の不安な事・心配な事」という題でワークショップ。

・独居になってからの自宅の処分を含めた財産の管理
・身の回りの整理
・買い物
・車の運転
・仕事
・年金収入が減るのでは?
・要介護の夫の介護と災害時の避難
・軽い障害を持つ子供の先々
・夫が亡くなってからの除雪など環境の整備
・体力の低下
・認知症 内服薬の指示の理解
・病気
・栄養のある料理
などなど、たくさんの不安な事、心配事があがりました。
DSC01108.JPG
運転免許証返納後の買物や通院のための交通の確保など、課題はたくさんです。
また、認知症の運転事故が多発していることから、いつが止め時なのか迷うという質問に
包括支援センター主任ケアマネージャー宮本さんよりに「家族(息子か娘)に同乗してもらい安全を確認する」方法を勧めてもらいました。
これからの年末年始、ご家族が揃う時期に試してみてはいかがでしょうか?

13名の受講者の7割が介護予防サポーターとして登録して下さいました。
これから広がる地域の健康教室や相談・見守りなど、生活支援サービスのサポートをしていただくことになります。
介護予防サポーターへの理解が広まって行きつつあるようです。

posted by 新十津川ボランティアセンター at 09:51| Comment(0) | 日記