2020年07月01日

道民カレッジ様からの取材について

皆さんこんにちは
久しぶりのブログで、スイマセン・・・
今回、ぜひ皆さんに報告したいことがありましたので紹介させていただきます。

タイトルにもあるように本日、道民カレッジ様が来所され取材を受けました。
今回は朗読ボランティアの皆さまと朗読ボランティア、ハートコールなど
様々なボランティア活動をご活躍されております、村中 一美さん(89歳)にピックアップされて取材を受けました。

取材されている中で、朗読ボランティアは平成12年に立ち上がり
今年で20年経過されるということです。
取材を受けている中
村中さんは「朗読ボランティアも最終的には地域につながっている。年齢を重ねても引き際を考え、新しいことを常に学びたい」と話されておりました。
我々、社会福祉協議会もボランティア活動の広報活動を幅広く地域住民へお伝えしていきたいと思いました。

今回、お忙しい中取材を受けていただきありがとうございました。
IMG_2249.JPG
IMG_2256.JPG
IMG_2257.JPG

《朗読ボランティアとは》
町内の目が不自由な障がい者等に対し、地域の情報などを収録したカセットテープを配布し、社会参加の促進を図ることを目的として活動している。(活動日:毎週水曜日)



※現在、社会福祉協議会では、給食ボランティア、朗読ボランティア、ハートコール(安否確認)、介護予防サポーターの
ボランティアを募集しております。詳細は0125-74-5343 まで連絡お待ちしております。


@gout


posted by 新十津川ボランティアセンター at 18:28| 日記