2016年12月16日

文京区「楽しい健康教室」開催しました。

12月16日(金)10時から12時まで行いました。

気温がマイナス10度を下回るとても寒い朝でした。
早く来て暖房を入れてくださった方に感謝です。

事前の申し込み無しの開催だったので、何人来て下さるのかとても不安でした。
心配しているとポツポツと来てくださり、女性3人男性9人の合計12人。

映像を見ながらの楽しい運動。
童謡を歌いながらの楽しい口腔体操。
毎日続けるロコモ予防体操。
そのほか認知症予防など、心とからだのコリコリ解消メニューが盛りだくさん。
からだが温まり重ね着した洋服を一枚ずつ脱がれる方が続出。

途中、男性陣よりカラオケのリクエストがあり脱線もありましたが、
できないときは笑ってごまかし、終始和やかな90分でした。

次回は1月13日(金)です。
posted by 新十津川ボランティアセンター at 16:30| Comment(0) | 日記

2016年12月07日

老人クラブ連合会単位会長会議で地域づくりの説明

11月25日老人クラブ連合会の会議が開かれました。
その席で、生活支援コーディネーターが進めている地域づくりについて説明の機会をいただきました。

他の地域で行われている老人クラブによる地域活動について説明
例にあげた取り組みは
◎北海道池田町老連の取り組み
 「地域高齢者の仲間作り」
   ・町内会館等で開催している誰でもいけるサロン
   ・ 介護予防における通いの場
   ・老人クラブ連合会支えあいパートナー事業
   ・地域支えあい見守りタクシー
◎他市町村老連の取り組み
 「高齢者が取り組む地域支えあい活動」
   ・同世代が仲間を支える友愛訪問
   ・地域に健康づくり・介護予防の輪を広げる おしゃべりサロン 歩いて行ける介護予防教室
   ・認知症になっても暮らしていける町づくり  認知症サポーターの取り組み
   ・地域の安全・安心活動  地域見守りパトロール

そのあと、わが町で進めている健康教室(2地区)をチラシで紹介

意見交換では
   ・平均年齢が81歳を超えている 
   ・毎朝のラジオ体操を始めたら25〜30人が集まるようになった
   ・吹き矢を始める 
   ・麻雀、花札、カラオケと積極的に活動している
   ・老人クラブという名称を入会したくなる名前に変えたほうが良い
   ・地域コミュニティづくりに会館は絶対必要
   ・会館がなくなれば集まる場所がなくなる 
   ・送迎してくれる場所で例会を開くしかない
   ・送迎付きの温泉なら冬の暖房費がかからない
以上の意見が出されました。

活発なクラブや悩みを抱えるクラブなど、各クラブで事情は違いますが、
お聴きしたご意見を参考に、これからも地域づくりを進めていきたいと思います。

ありがとうございました。

    
posted by 新十津川ボランティアセンター at 14:30| Comment(0) | 日記

2016年12月06日

平成28年度介護予防サポーター初級養成講座が開催されました。

11月30日にゆめりあで養成講座を開催しました。
今年の1月から2月にかけて始めての養成講座が開催され、その後は初級サポーター養成を、菊水、文京、大和の3地区で開催。
今回は全町対象の初級養成講座で13名の方が受講してくださいました。
DSC01102.JPG
内容は
・高齢者の現状と介護予防について
・高齢者とのかかわり方の基本
・地域におけるボランティア活動

かけ足の講義のあと 「今、これから先の不安な事・心配な事」という題でワークショップ。

・独居になってからの自宅の処分を含めた財産の管理
・身の回りの整理
・買い物
・車の運転
・仕事
・年金収入が減るのでは?
・要介護の夫の介護と災害時の避難
・軽い障害を持つ子供の先々
・夫が亡くなってからの除雪など環境の整備
・体力の低下
・認知症 内服薬の指示の理解
・病気
・栄養のある料理
などなど、たくさんの不安な事、心配事があがりました。
DSC01108.JPG
運転免許証返納後の買物や通院のための交通の確保など、課題はたくさんです。
また、認知症の運転事故が多発していることから、いつが止め時なのか迷うという質問に
包括支援センター主任ケアマネージャー宮本さんよりに「家族(息子か娘)に同乗してもらい安全を確認する」方法を勧めてもらいました。
これからの年末年始、ご家族が揃う時期に試してみてはいかがでしょうか?

13名の受講者の7割が介護予防サポーターとして登録して下さいました。
これから広がる地域の健康教室や相談・見守りなど、生活支援サービスのサポートをしていただくことになります。
介護予防サポーターへの理解が広まって行きつつあるようです。

posted by 新十津川ボランティアセンター at 09:51| Comment(0) | 日記

2016年12月05日

菊水区「楽しい健康教室」2回目を開催しました。

11月29日10時から12時まで、菊水区自治会館で2回目の健康教室を開催しました。

17名が参加して下さり、今回も第一興商エルダーシステムを使いました。

 ♪ 浪花節だよ人生は ♪ を全員で歌ってスタート

・グーチョキパー

・かもめの水兵さん体操

・ドンパン体操

・りんごの歌体操

・あいうべ体操(口腔体操)その他

中間でエルダーシステム「エルダー元気塾」で認知症の学習をしました。

・昼寝は30分以内が良い

・介護予防のこうしき → 交流・運動・食事・休養

・認知症の人が同じ話を繰り返しても悪循環を招くだけだから怒らないこと 

 などなど大変有意義な学習でした。


最後は、歌体操 ♪ 高原列車は行く ♪ で終了。今回も音楽健康運動指導士の太田さんにお世話になりました。

たくさんの笑顔とに出会いました。
次回は12月20日です。

posted by 新十津川ボランティアセンター at 17:31| Comment(0) | 日記

2016年11月04日

文京区「楽しい健康教室」開催

11月2日9時30から11時まで、文京区自治会館で健康教室を開催しました。

この日は老人クラブ「文京悠悠クラブ」の例会前の時間を設定しました。気温が下がり寒い朝でしたが、32名の方々が集まってくださいました。10月26日の菊水区同様、この日も第一興商さんの「DKエルダーシステム」を使い音楽健康運動指導士の太田さんに指導していただきました。(太田さんは半袖服だったので防寒の上着がなかなか脱げずにいました)

カラオケ「きよしのズンドコ節」から始まり、

・心とからだのこりこり解消

・ロコモーショントレーニング

・楽しいドンパン節のレク

その他にも嚥下体操やかんがエルダーで硬くなったからだと頭をほぐし、最後はカラオケ体操「高原列車は行く」で終了。約80分間楽しく筋トレと脳トレを行いました。


参加者から「今後も続けたい」という声があったので、今後は月1回ペースで開催していきます。

参加してくださった皆様、有難うございました。ストーブ点火から始まり、機材設定、椅子運びなど、ご協力有難うございました。区長さんも有難うございました。

”元気で素敵な明日のために”健康教室はこれからも続きます。
posted by 新十津川ボランティアセンター at 10:28| Comment(0) | 日記

2016年10月27日

菊水区「楽しい健康教室」開催

10月26日の10時から12時まで、菊水区自治会館で健康教室を開催しました。

『若さを保つ』『認知症予防』『元気になる』『地域のつながりを増やす』等々を目的に、区民17人が参加してくださいました。

DSC00940.JPG

DSC00943.JPG

第一興商さんの高齢者の介護予防・機能訓練」をサポートしてくれる「DKエルダーシステム」を使って、音楽健康運動指導士の大田利彦さんに、休憩を取りながら90分指導していただきました。
全員でカラオケ「きよしのズンドコ節」を手拍子入りで歌ってスタート。こんな時間にカラオケ?と思いながらも気分がほぐれ、グーチョキパー体操で程よい脳刺激。元気で素敵な明日のためにロコモ(運動器症候群)予防を学習し、それぞれがロコモチェックをしたり運動と栄養の大切さを学びました。

DSC00944.JPG

その後は…
・ロコモーショントレーニング(略ロコトレ)
・久しぶりのラジオ体操第一
・画面を見ながらのステップ運動
・嚥下体操のパタカラ
・懐かしい映像
・画面の一部が徐々に変化するのを見つけるかんがエルダー…まるで「DKエルダーシステム」のCMのようですが(笑)。
盛りだくさんのメニューでした。

DSC00951.JPG

楽しくみんなで介護予防「筋トレと脳トレで笑いが生まれます」のキャッチフレーズどおり、できないときは笑ってごまかし、便利な機械と、元気で話術巧みな大田さんによって楽しい90分を過ごしました。

参加者から「今後も続けたい」という声があり、月1回ペースで開催することになりました。
参加してくださった皆さま、有難うございました。また、腰掛ける椅子の組み立てや開錠などで、区の役員の皆さまにもお世話になりました。これからもよろしくお願いします。
posted by 新十津川ボランティアセンター at 11:03| Comment(0) | 日記

2016年09月26日

「ふまねっと」簡単なようで油断すると頭が混乱!

9月17日に札幌のふまねっと研修センターでサポーター養成講習を受けて来ました。
この日の受講者は4名と少人数。初心者2名と経験者2名。

「ふまねっと」は50cm四方のマス目の大きな網を床に敷くので、それなりの広さが必要です。この研修センターはスペースに余裕がなかったので、少人数のおかげで心身共にゆったりと受講できました。DVD鑑賞から始まり、テキスト学習、そして体験と進みました。

ふまねっと運動では、黙々と体を動かすのではなく、運動を通して地域のつながりや絆を深め、毎日の生活を豊かにすることができるよう「交流」の要素を重視しているそうです。また、車椅子や歩行器を使用している虚弱高齢者から一般の元気な健常者まで、すべての人が楽しくできるよう、負荷が軽く、ゆっくりとした動きの運動です。

「簡単じゃん!」か「支離滅裂!」かは体験してみないとわかりませんね。
これからの介護予防に役立てて行きたいと思っています。



◆「ふまねっと」とは?◆
ふまねっと運動とは、50センチ四方のマス目でできた大きな網を床に敷き、この網を踏まないようにゆっくり慎重に歩く運動で、NPO法人地域健康づくり支援会ワンツースリーが推進している事業です。。
マス目を利用したステップがたくさん用意されており、このステップを間違えないように「学習」しながら歩行のバランスを改善する「運動学習プログラム」です。集団で交差して歩くこともできるので、レクレーションとしても楽しむことができます。

pho114s.jpg
posted by 新十津川ボランティアセンター at 11:47| Comment(0) | 日記

2016年09月23日

文京区介護予防サポーター講座 その後

(その1)
9月7日に文京区自治会館で開かれている文京悠遊クラブの例会にお邪魔しました。
例会の前の1時間をお借りして、27名の皆さんに介護予防の説明・講義を行いました。
1回目の講座と同じプリントを使いましたが、「よくわからない」というお顔があちこちに見られました。
わかりやすい説明を心がけましたが理解していただくのは本当に難しいです。
ゆっくり皆さんで考えていただくこととして終了しました。
貴重な時間をありがとうございました。

*参加者から「他の老人クラブの活動状況を知りませんか」という声が上がりました。町内の老人クラブ間の情報共有や交流が、あまり図られていない状況を知りました。

(その2)
9月20日に文京悠遊クラブ役員会にお邪魔しました。
12名の役員さんに改めて介護予防の取り組みについて説明させていただきました。
9月7日に続き2回目ということで少しは理解してもらえたようです。
集いの場についてこんな意見が出ました。
・老人クラブに話を振られても困る。いろいろ忙しい。
・吹き矢同好会は月2回あり19人参加。カラオケ会も月2回あって30人参加している
・区に動いてもらいたいが区や町内会も負担が増えて困るだろう
・元気だから元気満点デイサービスは行きたくないが、介護予防の運動はしたい

会長が、悠遊クラブの11月2日例会に合わせて介護予防教室(健康教室)を開くことを提案。おおむねが賛成し、約2時間の集まりを持つことが決まりました。いろいろなご意見、ありがとうございました。
また、一歩前進できました。
posted by 新十津川ボランティアセンター at 17:25| Comment(0) | 日記

菊水区介護予防サポーター講座2回目が行われました。

8月18日の1回目に続いての開催で、21名の菊水区民がお集まりいただきました。
参加者の半数弱が初参加だったので、1回目と同じく介護予防の理解のために、プリントを使い「高齢者の現状」や「他市町村の取り組み」などの講義・説明を行いました。

DSC08053.JPG

講義・説明共に宮本コーディネーターが担当。「介護予防は『元気』と『生活リズム』と『インフォーマルサービス』を繋ぐことが重要!」に、なるほど!と、一人頷いてしまいました。
わかりやすく言えば「定期的につどいの場で健康体操に取り組み、元気を維持しましょう!」ということでしょう。

その後、つどいの場についてフリートークに進みました。
・老人クラブは協力はできるが、主になって活動するのは負担を感じる
・区が主体となって活動して欲しい
・体操以外にお楽しみがないと集まらないのでは?
・昔は引きこもり高齢者のために社協が音頭をとってふれあいサロンが開かれた
・菊水区で年に1回開かれるふれあいサロンを楽しみにしている高齢者がいる
・女性会は月1回程度集まり、手芸や料理教室を開くこともある。会員は25人だが半数は仕事をしている

結論!10月中に主体を決めずに健康教室を開催することになりました。
どんな内容にするか思案中ですが、また一歩前進です。

DSC08057.JPG

参加いただき、ありがとうございました。

posted by 新十津川ボランティアセンター at 16:22| Comment(0) | 日記

2016年08月23日

とつかわこめぞーがやってきた!

8月22日付けで『美男子こめぞー君』がボラセンの常勤になりました。

町内の豊作祈願、安心安全祈願、心配ごと解決などの重責は負担かしら?
まずはボラセンの活発化のため働いてもらいます。
その力は未知数です。どうぞ会いに来てください。

DSC07797.JPG
町内中央区在住の大関さんより寄贈されたものです

こめぞーピンバッヂポスター.jpg
こちらのこめぞーもよろしくお願いします
posted by 新十津川ボランティアセンター at 15:04| Comment(0) | 日記